株式会社エスケーエレクトロニクス

Menu

製品情報

コロニーカウンター

本製品の計測精度は国内最高峰と評価頂いております。

2010年に6社製品によるオリンピックデモにおいて、計測精度が最高峰と評価頂きました。
2012年度のデモにおいても抜群の計測精度と評価頂いております。

観察事例を是非ご覧ください。性能ご確認の為、デモ訪問も可能です。
まずは、サンプルテストをご依頼ください。

また、開発、生産はすべて、日本国内で行っており、カスタマイズ、アフターサービス共、ご安心いただけます。

特徴

  • 独自の照明手法により、高精度な計測を実現しています。
  • 重なったコロニーを分離計測できます。
  • 4色の色分離計測ができます。
  • 計測モードは、簡単モードと標準モードの2種類を装備しています。
  • 計測するコロニーの大きさ範囲を自由に設定できます。
  • 保存された画像を、再計測できます。
  • コロニーの種類に応じ、4種類のモノクロ変換手法を選択できます。
  • プラスカウント、マイナスカウントの手動補正カウントができます。
  • 表計算ソフトへのデーター転送ができます。

POINT1 輝度ムラの無い照明

独自の照明手法により、計測域において明視野・暗視野状態共に、均一なバックグラウンドを実現しました。
培地とコロニーの微弱な違いであっても、コロニーだけを選択し個数計測が可能です。

PSF-2000の輝度ムラ(明視野時、暗視野時)

下記は、弊社にてシャーレ内の輝度ムラを確認した結果となります。
PSF-1000タイプは、コロニーをカウントするにあたり、十分均一な輝度となっており、PSF-2000タイプは、更に均一な輝度になっております。

PSF-1000の輝度ムラ(明視野時、暗視野時)

POINT2 2種類の計測手法

研究用で、種類の違うコロニーを毎回計測するモードと、品質管理用に同じコロニーを大量に計測するモードを1つのソフト上で、切り替えて使用できます。

簡単モード画面

ライブ画像を表示した状態で、画像の明るさ、コロニーのみを抽出するしきい値を調整し、コロニーをカウントする最適条件を決める事ができます。種類の違うコロニーを毎回計測する場合に最適です。また、簡単で、感覚的にすぐに操作でき、その時の計測条件も保存・呼び出しが可能です。

使用用途
研究開発に便利。いろいろな培地に対し、条件設定する事なく簡単にカウント可能。
標準モード画面

コロニーの種類により、計測条件を計測前に作成します。同じ種類のコロニーを大量に計測する場合に最適です。簡単モードより、下記の詳細な計測条件設定ができます。

  • モノクロ化の方法は4種類より選択
  • 明るさムラのある培地を平坦にする処理
  • 円形でないゴミ等を選択外にする処理
  • 4種類の色によるコロニー分離計測処理
使用用途
検査に便利。同じ培地で複数検体をカウントする。

POINT3 モノクロ化の手法は4種類

コロニーと培地を分離する際、コントラストが強いモノクロ化を選択でききます。(標準モードのみ)


  • 原画

  • 単純モノクロ化

  • B成分モノクロ化

  • G成分モノクロ化
    (コントラストが有る、最良のモノクロ化になります)

  • R成分モノクロ化

培地とコロニーのコントラストが強い程、計測精度が向上します。左記画像の場合、単純モノクロより、G成分抽出モノクロ化の選択で計測精度を上げることができます。

ラインナップ

PSF-1000

コロニーカウントに必要な機能を絞り込んだ低価格タイプ。

PSF-2000/3000

研究、検査は勿論、あらゆる培地に対応したオールラウンドタイプ。

※PSF-3000は、汎用2値化画像処理ソフトを標準装備。(コロニーの面積、大きさの平均、標準偏差値、他多様な計算ができます。)

Page Top