もっと身近に、もっと笑顔に

リハビリテーションと向き合えるウェアラブル医療機器

本体重量 約55グラム

もっとシンプルに
操作ボタンを3個にしぼり、専用電極で「誰でも」「簡単に」「素早く」使用可能です。
もっとスリムに
袖口に収まる小型化を実現。長時間装着にも対応できる仕様です。
もっと身近に
腕時計感覚で日常に寄り添うデザイン。新技術によるスリムダウンで、本体重量約55グラムを実現。

WILMOに関してのお問い合わせはこちら

筋電検出機能と筋電に比例した電気刺激をリアルタイムに出力する機能を1台に集約。

電気刺激を筋電検出と同時に同じ電極から出力することでより正確な運動学習が期待できます。

筋電検出と電気刺激を同時に同じ電極で

WILMOに関してのお問い合わせはこちら

仕様

販売名 電気刺激装置 WILMO
認証番号 229APBZX00001000
一般的名称 低周波治療器 35372000
クラス分類 クラスII / 特定保守管理医療機器
使用目的 経皮的に鎮痛及び筋萎縮改善に用いられる神経及び筋刺激を行う
本体寸法 49(幅)×98(高)×14.5(厚)mm(リストバンドを除く)
本体重量 約55g(電極パッドを除く)
出力周波数 20Hz±10%
治療時間 連続(最大8時間)
適合規格
JIS T 0601-1 :2014
JIS T 0601-1-2 :2012
JIS T 0601-2-10 :2015
駆動時間 最大8時間(新品時)
充電時間 3時間以内(新品時)

※情報は2017年6月現在のものです。仕様は変更される場合がございますので、予めご了承のほどお願いいたします。
WILMOは(株)エスケーエレクトロニクスの登録商標です。

WILMO は村岡慶裕先生の発明と指導により開発された製品です。
元国立病院機構村山医療センター 臨床研究センター 室長
早稲田大学 人間科学学術院 健康福祉科学科 教授
特許5725562 号:電気刺激装置
(随意筋電位を検出できる薄型新電気刺激回路)
(公財)ヒューマンサイエンス振興財団 厚生労働大臣認定TLO
ヒューマンサイエンス技術移転センターより技術移転

WILMOに関してのお問い合わせはこちら