アクティブRFIDの特徴と用途

アクティブタグ(アクティブRFタグ、アクティブRFID)は、RFID(無線による個別認証)の一種で、内部に電池を持ち、無線通信をするものです。
これに対し、内部に電池を持たず、外部からの電波で駆動し無線通信するパッシブタグ(パッシブRFタグ、パッシブRFID)があります。
アクティブタグの特徴は、長距離の無線通信に適し、数十mの通信も可能です。
しかし、価格が総じてパッシブタグより高いことに加え、電池の消耗により取り換えコストがかかる等のデメリットがあります。
帯域についてはマイクロ波(2.45GHz)、UHF帯(極超短波)をはじめとした様々な帯域で作られています。

極小RFIDシステムの株式会社エスケーエレクトロニクスTOP

サンプル