バーコード印刷がRFIDに変わるための現状課題

個体識別の分野では、RFタグ(RFIDタグ、ICタグ、無線タグ)はバーコードと比較されることが多いですが、バーコードの強みはコスト。
印刷できるエリアがあれば大量に安く個体の識別が行えます。
また社会インフラとして整っており、現在は商品にはバーコードがつけられ、各店舗でバーコードリーダーが普及しています。
しかし、バーコードは一定の貼付エリアが必要であり、かつ汚れに弱い。
データ量は少なく、データの書き換えができない。その他いろいろなデメリットがあります。
RFタグが普及していくためには、これらのデメリットを改善し、コスト増に見合う付加価値を提供できることが最大の課題です。

極小RFIDシステムの株式会社エスケーエレクトロニクスTOP

サンプル