RFIDの認証とセキュリティ対策

RFIDは、一般的に、メモリ容量が大きく、通信距離が長いので、今まで以上に情報漏洩の危険を考える必要があります。
行動履歴や服薬履歴等がRFタグに記録されている場合、誰でも読み取れれば、漏洩することにつながります。
本人又は特定の個人しか読み取れない等のセキュリティ対策を考える必要があります。

極小RFIDシステムの株式会社エスケーエレクトロニクスTOP

サンプル