IoTとM2Mの違い

IoT(Internet of Things)と似ているものとして、M2M(Machine to Machine)があります。
M2Mは機械同士がつながっているシステムであり、人間が介在せずに機械同士が通信するものをいいます。
IoTは、機械だけでなく、膨大な量の「モノ」がつながり、インターネットを介してクラウドと連携されているオープンシステムであることが特徴です。

極小RFIDシステムの株式会社エスケーエレクトロニクスTOP

サンプル