IoTと人工知能

IoT(Internet of Things)は、いろいろな物がインターネットにつながることを総称しています。

インターネットにつながるデバイスの数は、
2020年には2011年比5.1倍の530億個(総務省 情報通信白書平成27年版)。

これからはその530億個のデバイスから集まる情報をビッグデータとして、いかにその中から有用な情報を分析できるかが これから非常に大切になります。その分析において、人工知能が用いられています。

昨今、ディープラーニング、機械学習などが話題となっていますが、手軽に人工知能を活用できる世の中になってきており、 IoTの活用がますます進むものと思われます。

極小RFIDシステムの株式会社エスケーエレクトロニクスTOP

サンプル