RFIDによるスライドガラス管理・検体管理について

現在、検体などの管理については、スライドガラスに手書きにて内容を付したり、
QRコードをスライドガラス面側に付して、バーコード管理が行われています。
しかしながら、手書きの場合、情報量に限界があることに加え、摩耗や薬品等により
読めなくなる可能性があります。
QRコードも、張り付けるための大きさが必要であり、読みとるためには
個々に1つ1つ行う必要があり、検索に多くの工数が必要となります。

その点RFIDでは、情報の劣化の可能性が小さく、かつ、それ自体に情報を追加することが可能です。
検索の可能性も読み取り距離を考慮してシステム設計を実施した場合、
「いま何が保管されているか」を明らかにするシステムも、
「どこに探しているスライドガラスがあるか」位置情報を明らかにするシステムも作ることが可能です。

当社の極小RFタグを用いた場合、スライドガラスの検索が可能です

 

RFIDシステムを導入するに当たっては、
電波の制御が重要で、
使用するRFタグやリーダーの選定にノウハウが必要です。

※当社もさまざまなタグやRFリーダーを取り扱っております。
 またカスタマイズのご相談に応じられますのでお気軽にお問い合わせください。

 




極小RFIDシステムの株式会社エスケーエレクトロニクスTOP

サンプル