RFIDとは?自動認識技術を進化させるRFID

RFIDとは?

RFIDの仕組み

RFIDとは
RFIDは、(Radio Frequency Identification)の略で、高度情報サービスのツールとして期待される自動認識技術の1つで、ICタグともよばれます。
バーコードや2次元コード、磁気カードなどのデータキャリアに加え、RFID、音声認識、バイオメトリクスなどの自動認識技術は、業務改善やセキュリティ対策を実現するツールとして導入が加速しています。 RFIDの技術進展や製品展開は目覚しく、製造、物流、小売、サービス、交通などのさまざま分野で、また個体識別、トレーサビリティ、環境への対応といった業務用途で重要な役割を担いつつあります。
RFID動作原理
RFID動作原理図ICチップには、コイル状のアンテナが繋がっています。このコイル状のアンテナに、リーダライタから特殊な電磁波や電波を当てると電気が生じます。
この電気を使ってICチップが駆動し、リーダライタから送られてくるデータを受信したり、自らのメモリに格納されている情報を無線で送信したりします。

RFIDの特徴(バーコードとの比較)

さまざまな生活シーンで見かけるバーコード。これも自動認識技術の一つです。RFIDをバーコードと比較すると次のような違いがあります。

(比較表)
  RFID バーコード
通信距離 ~数十m以上 cm
同時読込 ×
記憶容量
書込み ×
汚れ ×
コスト

RFIDの活用分野(周波数別)

RFIDも現在、いろいろな分野で使われています。

周波数 特徴 活用分野
2.45GHz ミリ波 障害物に弱い。
金属の影響を受けにくい。
物流等
900MHz UHF帯 距離が飛ぶ。
多少の障害があっても通信可能。
物流・在庫管理・履歴管理等
13.56MHz HF帯 水の影響を受けにくい。 交通カード・電子マネー等
お問い合わせ