UHF帯(極超短波)RFIDで何が変わる?

UHF帯(極超短波)はHF帯(短波帯)に比較して周波数が高いため波長が短く、そのため一般的にアンテナの小型化に有利といわれています。
また電波方式のためアンテナの大きさにもよりますが一般的には通信距離が長いのが特徴です。
UHF帯(極超短波)で使用されるRFタグのICチップは一般的に小さく、メモリ容量も小さいため安価なものが多いようです。
高出力型リーダライタを使用する場合は最寄りの総合通信局へ免許申請が必要ですが、特定小電力タイプ(最高出力250mWで電波法認証取得した機器)はユーザー側で自由に使用可能です。

極小RFIDシステムの株式会社エスケーエレクトロニクスTOP

サンプル