RFID電波の方式や強度などは?

RFID 技術における情報やりとりの方法は、「電磁結合方式」・「電磁誘導方式」・「電波方式」の3つに大別されます。
「電磁結合方式」は相互誘導方式とも呼ばれ、送信側・受信側それぞれが持つコイルに高周波を印加し、生じる相互誘導に情報を載せます。
「電磁誘導方式」はアンテナ近傍に発生する磁界に情報を載せ、情報のやりとりを行います。
「電波方式」では送信側・受信側それぞれに通信用の電波に合わせた変調器・復調器を持たせて、情報のやりとりを行います。

極小RFIDシステムの株式会社エスケーエレクトロニクスTOP

サンプル