RFIDの身近な活用/導入事例

RFID 技術を用いた身近な事例として、カードをかざして施錠・解錠などを行う入退室カードや交通カード(いわゆる Suica/ICOCA など)の人が持って用いるものと、図書館やレンタルビデオ屋などで、本・ビデオに貼り付けて貸し出し管理や、棚卸、万引き防止等に用いられたり、アパレル業界などでは、RFID を貼り付けた商品タグを用いて、棚卸管理やレジ打ち等の効率化を図ったり、さらには、社員食堂や回転ずしにおいて、購入時のレジ打ちの効率化や 賞味期限の管理等に用いられています(後者はモノに貼り付けて物品の管理を目的にしたものです)。

※「Suica」は東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※「ICOCA」は、西日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※その他の会社名および製品・サービス名は、それぞれを表示するためだけに引用されており、
 それぞれ各社の登録商標あるいは出願中の商標である場合があります。

極小RFIDシステムの株式会社エスケーエレクトロニクスTOP

サンプル