RFID普及で起こるセキュリティ懸念と対応策

RFID システムでは、リーダーライターにより タグまたはカードの中に記憶している情報を読み取ったり、その情報の書き換えを無線通信を用いて行います。
そのため、知らずして情報が読み取られたり、情報が書き変わえられることが考えられます。
同様に、カードやタグ内の情報を改竄(改ざん)して不正な情報を書き込み、悪用する事も考えられます。
これらを防止するために、実際の RFID 製品では強固なセキュリティ機能を持たせた製品もあります。
具体的には、タグやカードに暗号化技術などによる認証機能を持たせ、情報の読み取り・書き換え処理を行う際に、相互に認証処理を行う事により、「情報の盗み取り」や「なりすまし」などを抑止しています。

極小RFIDシステムの株式会社エスケーエレクトロニクスTOP

サンプル