RFID容量の種類と特徴

RFタグ(RFIDタグ、ICタグ、無線タグ)には、個体識別を行う時に使う、製造時に書き込まれたIDのメモリ部分(書換え不可)と、ユーザー側で書込み修正ができるユーザーエリアにあります。
その記憶容量は様々あり、大容量を特徴としたものも発売されています。
一般的にはメモリ容量の大きい方が価格は高いですが、数量によっても変わるので一概には言えません。

極小RFIDシステムの株式会社エスケーエレクトロニクスTOP

サンプル