ICタグ(電子タグ、無線タグ)とは?

電波等による無線で通信する機能を持ったタグをいいます。

構造はICチップとアンテナが組み合わされたもので、読み取り機の発する電波等を、アンテナが受けて、その電波等を電気に変えICチップに記録された情報を無線で返すことができます。ICチップに記録されたIDを活用することで、物品のトレーサビリティに活用することができます。無線で個体識別できるためRFID(Radio frequency identification)とも呼ばれます。

極小RFIDシステムの株式会社エスケーエレクトロニクスTOP

サンプル